* sol-fa-soft冬コミ新作
 合同イラスト集「男湯で自撮りする少女たち」&露出RPG「ぼくらの露出ゲーム2」、ともに各種ショップで手に入ります。ぜひご覧ください!

2008年07月18日

独特の淡い作品「夏菓子」


「夏菓子」(mini)

 商業作品です。オーソドックスな美少女ゲームで、取り壊される旧校舎が云々……という設定は紹介文などを読んでいただくとして、とにかく数人の女の子たちを説得するために、色々とパシリ的な要求を飲んでいく、というお話。

 言うまでもなく、この作品の最大の魅力はグラフィックにあります。原画も塗りも、おそらく作品のコンセプト上わざとそうしてるのだと思いますが、「未熟」というイメージなんですよね。それから、光と影が非常に面白いです。一般的な「エロゲー塗り」ではこうはいかないでしょう。

 もうひとつ、シチュエーションという部分を推しておきましょうか。ひとつ強烈に覚えているのが、主人公とある女の子がお互い裸で教室のロッカーの中に隠れるシーン。隠れる必要がなくなって外に出ると彼女はすっかり濡れていて、そのまま……以下略です。あともうひとつ、ある(別の)女の子が、暑いからといってスカートを脱いで教室の掃除を始めるシーンとか、印象に残ってます。

 そんな感じで、グラフィックも、お話も、なんだか独特の「淡さ」のある作品だと思いました。これの前の「処女宮」という作品も、このメーカのデビュー作だと思うのですが、当時なかなか衝撃的だったんですよ。


「処女宮〜栗毛の潮吹き少女たち〜」(mini)

 こちらはマリア様的な百合ものです。こういうのは、主人公(♀)が一番ウブ、というのがいいですね! というわけで、お好きな方をどうぞ。
posted by 桐原巳弥人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介/商業ゲーム(成人向け)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17119548

この記事へのトラックバック