* sol-fa-soft冬コミ新作
 合同イラスト集「男湯で自撮りする少女たち」&露出RPG「ぼくらの露出ゲーム2」、ともに各種ショップで手に入ります。ぜひご覧ください!

2008年05月29日

みんなでスピン!「スーパーマリオギャラクシー」


「スーパーマリオギャラクシー」(任天堂)

 突然すみません。コンシューマ作品。

 Wiiでスーパーマリオが発売されていることは、みなさん既にご存じのことと思います。今回はの目玉は「球状地形」です。つまりどういうことなのかというと、ステージが球状で、重力が常に一方向というわけではないのです。宇宙に星がいくつも浮かんでいて、それぞれの星の中心に向かって重力があるイメージ。ちっちゃい星をぽんぽんと跳んで渡っていくステージとかがあったりもします。

 一番特筆したいのは、3D酔い防止が考慮されているということです。私はゲーマーのくせに3Dゲームがてんで駄目で、いつも酔い止め(というか花粉症で処方されている薬(笑))を飲み、画面の真ん中に黒い点を描いたセロテープを貼り、その点だけを必死に見つめてプレイしているのです(3D酔いが激しい人はお試しあれ)。それでもげろげろに酔ってゲームの途中でトイレ行って吐いたり頭痛でしばらく眠れなかったりするのですが、本作はちょっと違いました。ちょっとクラっときたのは最初の1〜2時間だけで、慣れたらもう全然大丈夫。快適に、2週間くらいかけて一気に、全ての(本当に全ての)スターを手に入れました。

 それから、ステージを始めてからスターをゲットするまでの時間がけっこう短く、すごくテンポがいいのも気に入った理由のひとつです。私は1日に何ステージもやりましたけど、忙しい人でもけっこう軽く「寝る前にスター1個だけやろう」みたいなことができると思います。

 他にも、近くにいるみんながスピンしてくれて寂しくなかったり、ストーリーが意味不明ながらも意外と良かったりと書きたいことはいろいろあるのですが、もう既に任天堂信者の戯言になっていそうなので控えておきます…。

[DMM.comで購入]
[Amazonで購入]

 ちなみに某会のボスや、うちの原画さんも絶賛してました。曰く、「Wiiを買ってギャラクシーをやらないのはもったいないよ!」だそうです。私もそう思います。
posted by 桐原巳弥人 at 01:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介/一般向け
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15476079

この記事へのトラックバック