* sol-fa-soft冬コミ新作
 合同イラスト集「男湯で自撮りする少女たち」&露出RPG「ぼくらの露出ゲーム2」、ともに各種ショップで手に入ります。ぜひご覧ください!

2009年06月09日

気がつけば2000DL、ありがとうございます!「sol-fa-soft真夏のお待ちかねCD」


「sol-fa-soft真夏のお待ちかねCD」(sol-fa-soft)

 少しマニアックなところを攻めてみようと思います。(笑) 私がやってるサークルsol-fa-softの作品で、2004年の夏コミに合わせて作ったファンディスク的なものです。ジャンルは「バラエティ」と言えばわかりやすいかと。メインとなるコーナが5つありまして……このうちの4つが我ながら(?)超おすすめ。

 「パネパネぬーりぬり」はパズルゲームです。4x4のパネルを外側から押して番号順に並べてください。クリアするとCG+ちょっとしたSSが見られます。ここではsol-fa-softの過去作から3組の人たちが登場します。露出くらぶ/陵辱くらぶの由紀さん、Princess Pianissimoの綾芽さん、お嬢様のヒミツ!の綾菜と高木さんです。パズルの難易度が高いと評判ですので、面倒な方は攻略を見てください。

 「ロリっ娘痴漢電車」はおさわり系痴漢アドベンチャーです。痴漢さんになって、電車の中で女の子を触ったり脱がしたり××したりしちゃいましょう。なかなか楽しいゲームに仕上がっていると思います。

 「ばんそうこう」は普通にショートアドベンチャーです。委員長の牧村凪さんが校医の都子先生に遊ばれるお話で……とにかく凪さんがばんそうこう3枚だけ貼って廊下を歩いたり、美術の授業のモデルになったりするのが見所でしょうか。ちなみにこのふたりは「あさろり」にも登場しています。

 そして「立ちポーズギャラリー」。2004年夏までに発売した10作品ほどに登場するキャラクタの立ち絵を、いくつかの背景と組み合わせて自由に見られます。例えば綾芽さんを海で裸にしたり…。これに魅力を感じる人はとても多いのではないでしょうか。

 ついでに書いておきますと、もうひとつメインコンテンツとして「幼女撲滅キャンペーン」というのがありますが、これはまあ、ジョークSSということで。厚生●働省・幼女乱用防止センターの広報映像だそうです。アホっすね。

 コミケCDシリーズは、いつもより趣向を凝らしたコーナもあったりして、どれもなかなか自信作だったりするのです。値段も安いので、よろしければ注目してみてください、ってな感じで。
posted by 桐原巳弥人 at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介/桐原関連作品

2009年06月08日

A列車の呪いを解く「A列車で行こうDS」


「A列車で行こうDS」(アートディンク)

 すみません、コンシューマ作品。有名箱庭系シミュレーションゲームのDS版です。

 「A列車で行こうの呪い」というのがあると思うんですよ。その昔PC-98向けにリリースされた「A列車で行こう3」並びに「A列車で行こう4」が名作だったゆえに、その後のA列車シリーズに手を出し続け、買ってプレイするたびに(言葉は悪いですが)がっかりするという。本作は、そんな憂鬱な日々から我々を開放してくる救世主なのであります。

 全体的なシステムは「4」に近いでしょうか。線路の階層は地下1階、地上3階まで。道路は自分で引いて、バスとトラックの運用もあります。株もあります。資材置き場を特別に用意しなければならないとか、車内広告を出して儲けることができるとか、改善された点もあります。

 一番の特徴は、最初は「ミッションクリア型」であるというところだと思います。これは一長一短ありまして……A列車シリーズの経験者としてはちょっと違和感があるのですが、間口が広くとってあるということでしょう。初心者の方は目標があって遊びやすいのではないでしょうか。

 ただ路線を黒字にするだけなら、難易度はわりと低いです。しかし、自分の思い通りの街にしようと考えると色々障害が出てくるんですよね。とりあえずは、同じ路線の上で、電車を何本も何本も走らせてみてください。自分の作った駅の周りにビルがにょきにょき生えていくのはやっぱり楽しいですよ。

 関係ないですが、同じく「牧場物語の呪い」というもあると思うんです。N64版の牧場物語が名作過ぎた。いつか、その呪いが解かれる日を願わずにはおれません。(笑)
posted by 桐原巳弥人 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介/一般向け

2009年06月07日

男どもにHな身体を見せつけろ!「淫もーらるvol.7〜TS憑依 白ワンピースロリ娘受難〜」


「淫もーらるvol.7〜TS憑依 白ワンピースロリ娘受難〜」(淫もーらる)

 いわゆるTSもの。うちのサークルでもあさろりってのがあるのですが、あまり人様のTSものというものを見たことがなく……本作を買ってみて、なるほどな、と理解した次第であります。

 形態は、ブラウザで見るSSつきデジタルコミック、って文字にするとなんかおかしい気もしますが……漫画自体にはあまりセリフがなく、主人公のモノローグとしてSSがオーバーラップする、という構造。主人公は女の子に生まれたかった男性で、ある日公園で女の子を見ながらそんなことを祈ってたら本当に女の子になっちゃったよ! みたいな設定です。そしてそこらへんにいる男どもに見せまくったり、襲われて輪姦されたりします。

 本作の最大のポイントは、何にしても執拗! というところでしょうか。男に見せつけるシーンも、オナニーシーンも、Hシーンも、とにかくねっとり。全体のボリュームもけっこうあります。押さえるべきところがしっかり押さえるあると思いますので、TS好きの方はとりあえずどうぞ。
posted by 桐原巳弥人 at 04:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 紹介/同人(成人向け)

2009年06月06日

ロリビッチという新ジャンル「DISCODE-lo」


「DISCODE-lo」(ソフトさーくるクレージュ)

 ええと……意外なことに、クレージュさんの作品に言及するのは初めてみたいです。クレージュさんといえば、誰がなんと言おうとぽこぽこ妹/2/3が代表作、という偏ったご紹介をしておきます。(笑) ぽこぽこ妹シリーズってDL系では売ってないのが残念なところです…。

 さて、本題の「DISCODE-lo」ですが。アニメにもなった超人気シリーズ・DISCODEの……ええと、5作目ということでいいんでしょうか。なんとなくマップ移動型のアドベンチャーゲームで、行動力、魅力というパラメータがあります。学校や街、電車などで出会う男の人を誘惑して、主人公(♀)の有り余る性欲を発散するのが目的、といったところでしょうか。魅力が低いと誰も相手にしてくれないので、まずは魅力を上げましょう。例えば、廃校舎で。

 ロリビッチというジャンルについては……一応過去にないこともないとは思うのですが、これほどあからさまで、これほど作り込まれたものはなかったのではと思います。主人公は本当に、いつもHのことしか考えていません。ある意味非常にわかりやすい。この作品が、ひとつのものを打ち立てている感があります。

 というか、そうやって理屈をこねるまでもなく、「プレイしていて楽しい」というのがこのゲーム最大の特徴でしょう。適当にぽちぽちとボタンを押して、男どもを誘惑してみてください。個人的には、電車の中で露出したり、全裸で痴漢されたりするシーンが衝撃的でした。この界隈の方は必見かも。
posted by 桐原巳弥人 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介/同人(成人向け)

2009年06月05日

6/2〜6/5の注目作@DLsite Maniax


「アイちゃんVSライドオン」(ブロンコ一人旅)
 ジャリ番もの、つまりマニアック。


「ビアンカとフローラどちらにしようかな」(CLODIA)
 身も蓋もないタイトルと紹介文が素晴らしい。


「犯されやすい相坂さん ウエイトレス露出CG集+動画」(Past Gadget)
 題材というか、視点というか、設定というか……「犯されやすい」という概念は新しい気がします。


「CG集vol.1 りりかるなのなの」(なつみかん)
 絵柄でちょっと興味が沸きました。っていうかなのは系ってどうしてこんなに多いんでしょう…。


「夜の天空」(金色猫)
 売れ線。今回はストレートですね。


「犬神さまと無人島修行♪目指せ下剋上!〜抜いてはならん!おぬしの膣出しで儂をイカせてみせい!〜」(Cybele/Norn)
 Nornさんのこの一連のタイトルって、見れば見るほどハマっていくというか……最近とてもいいタイトルに思えてきました。(笑)


「ツンデレな妹」(BABEL)
 タイトルが今ひとつに思いますが、絵がいいですね!


「けい○ん本2!?澪と梓」(レズ萌え!)
 サンプルの切り取り方がいいと思います。


「催眠羞恥露出」(ウィルテイム)
 露出ものに定評があるかもしれない(笑)ウィルテイムさんの新作。催眠と羞恥。うまいことやるとシナジーがすごいことになるという印象です。


「NONSTOP!〜ある女の子の抜き差しならない日常〜」(stick)
 うーん、売れ線。


「「お願いだから精液をください…」」(ろんどん でりー&ばりー)
 なんかちょっと楽しそうですがサンプルが乏しい…。
posted by 桐原巳弥人 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 注目の新作

2009年06月04日

愛辱分岐の家庭教師AVG「教エロ!〜愛欲の方程式〜」


「教エロ!〜愛欲の方程式〜」(はりねずみ工房)

 はりねずみ工房さんのいつもの感じ、オーソドックスなシステムのアドベンチャーゲームです。主人公は家庭教師で、その立場から2人の女の子と仲良くなってらぶらぶしたり、逆に陵辱方面に持って行ったりします。

 本作は、はりねずみ工房さん作品の中でも特に、キャラクタ性というものに力が入っているのではないでしょうか。そしてエロ度に関しては、いつもの通り超安心です。そのへんの安定感は脱帽ものですね…。

 個人的には、美羽さん(ショートカットの方)が授業の後胸を見せてくれるシーンと、詩織さん(ロングの方)に挿入しながら授業をするシーンが印象的でした。
posted by 桐原巳弥人 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 紹介/同人(成人向け)

2009年06月02日

アフィリエイトランキング2009年5月

 「このブログ」「sol-fa-softのサイト」「高臥舎のサイト」経由で販売が行われた、DLsite登録作品の販売数ランキングです。sol-fa-softと高臥舎の作品を除きます。

【1位】

「公園のトイレに日焼け少女とまじめ少女を連れ込んで悪戯」(ぱっくりパラダイス)
 いいシチュエーションですよね!! 見習おう…。

【2位】

「幼蝶と変態蜘蛛」(じゃんがり工房)
 真っ向勝負の陵辱もの。ゲーム機で釣る、というネタのリアルさとかに、ハマるひとはとことんハマるのではないかと。

【3位】

「Yuka」(帰りの会2)
 純愛系ロリゲーといえば帰りの会2さん、と言っても過言ではないでしょう。犯罪的ではありますけどね。(笑)

【4位】

「HAPPY EFFECT」(HAPPY CORE)
 実力派CG集。作者さんのサイトとか見たらすげー上手いっすね。

【5位】

「ロリ×ショタ世代」(脳軟化世代)
 タイトル通り、ほのぼの系ロリショタ的Hシーンを集めたCG集。こちらもロングセラーになっています。


 上位の作品をもう少し貼っておきますので参考にでも…。


「こんすと☆すくぃーず-ゆみな編-」(constructor)
 良くできているクイズゲームのようです。攻めロリ。


「リノアン陵辱物語 -100yenFantasy-」(アリコレ -Aria corporation-)
 最近、100円でも登録できるようになったのです。100円だからこそ気合いを入れて作る、というのは大いにアリだと思います。


「お使いドラキー」(ののの通信)
 私も買いました。これは面白い! エロゲーにしておくのがもったいないくらいです。


「咲だつもの雀」(やおよろず工房)
 月末発売だというのにランクインしました。脱衣麻雀な上に、シチュエーションがあるというのがポイントですね。


「ブラジリアン柔肌術」(夜鷹計画)
 ご紹介した甲斐がありました。いかがでしたか?
posted by 桐原巳弥人 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ランキング等

2009年06月01日

5/29〜6/1の注目作@DLsite Maniax


「アマ☆カミ〜姦〜」(Sage)
 きました! 随分前から(笑)アマガミに取り組んでらっしゃるSageさんの新作。力作です。


「咲だつもの雀」(やおよろず工房)
 そのまんまのネタの、脱衣麻雀というか、エロ麻雀っすね。みんな考えることなんですけど、麻雀エンジンを使えるサークルは少ないという…。


「ロードムービーみたいな・1」(パスカル企画)
 パスカル企画さんの新刊。ロードムービー≒ロリ、ですよね。やっぱり。


「ビルの間に温室がある」(あわたけ)
 あわたけ先生の、相変わらず野外な新刊。舞台設定が素晴らしいと思いました。サンプル3を参照のこと。


「たのしい保健体育」(Jungfrau)
 うちのサークルにもとてもリクエストの多い題材です。そのうちやります。……サークル名がドイツ語であることに今日初めて気付きました。若い女、つまり処女という意味です。どうでもいいけど「Frau」(女性)は女性名詞なのですが、「ちっちゃい」という意味の「chen」をつけた「Frauchen」(女の子)は中性名詞になってしまうのが、ドイツ語のそそるところです。(笑)


「ハニカミ」(鍵のーど)
 またしてもアマガミもの。執拗なH表現。


「ドリームファックGoGo! 〜王家のスペルマ〜」(こどものこえ)
 こどものこえさんは、CGはもちろん、題材やタイトルに独特なセンスが感じられますよね。


「百合の館物語 〜姫君の花弁とメイドの蕾〜」(ShiningStar)
 百合ものを見るたびに、色々と心配になってしまいます…。


「格闘娘狩り 〜春麗&キャミィ〜」(凶暴情緒帯)
 売れ線。


「女戦士はつかまってしまった!」(ねこのてしょぼう)
 売れ線。デザインのキーのひとつであるところの兜をとってしまうのが面白いかも。


「かむなぎ」(おとまりくらぶ)
 影のほとんどない塗り。個人的にはこういうのが好きです。一般的にはどうなんでしょう。苦手な絵描きさんは多いみたいですが。


「G隷 Ne vol.5」(E-skirt)
 こういうのはゲームにしてみたい。


「忍・快楽拷問2」(桃色DIVA)
 悪くなさそうな雰囲気ですが、ユーザの目は厳しいなあ…。


「玉責少女 一玉」(赤面少女)
 マニアック。そーなんだとか烈豪とか未だにやってる人ってすごいですよね。


「高架下」(山村工作)
 舞台設定がいいっすね。これが売れない世の中というのは、世知辛いなあ…。


「みりおん!」(まほろば軒)
 みんな考えていることは一緒。(笑)


「妹ちゃん頑張る」(リボーンズナイツ)
 上手ーい。


「Full ripeness!」(浜せい)
 このマニアックさ加減はとても無茶だと思います! でも売れてる! 凄い!


「ロリッ娘陵辱事件2 お嬢様編」(けだもの監獄島)
 雰囲気がいい感じ。


「五年後の嗚咽」(N-Graphic)
 これは、オリジナルなのでしょうか? 絵柄にマニアックさはあると思いますが、なかなかいい感じの要素が詰まっているかと。


「ビアンカとエロいことしたい」(CLODIA)
 売れ線。カラーの塗り味がいい具合だと思います。
posted by 桐原巳弥人 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 注目の新作